20th Campus Genius Award
第20回学生CGコンテスト
ノミネートnominate

夜、古都、公園といった、そのままでも価値のある環境に、テクノロジーをうまく融合させて付加価値を生み出せていると作品です。屋外でのプロジェクションマッピングには、天候を始めとする不確定要素が多く、定常的な演出は難しいと思いますが、その不安定さが逆にデジタル感を薄める役割を果たし、デジタルと環境と自然に組み合わせることに役立っています。野外であることを利点として、もっと大がかりな仕掛けがあると、さらによかったと思います。
(上田キミヒロ)

学生が作ったとは思えない程大規模でいくつもの作品を組み合わせた完成度の高いメディアアート作品。ミストプロジェクションやスマートフォンを利用したアプリコンテンツ等多くの作品がそれぞれしっかりとしたテーマを持ち完成も高い。また、ハードウェアの確保の為の活動にも力が入っていて、企業や市町村との協賛や優秀なプロデュース力もまた学生の域を超えており高く評価したい。
(谷口充大)