CAMPUS GENIUS AWARD BRONZE

受賞作品

GUNBOL

ゲーム

紙本 政也(作者/代表者) ビアンチ・チアゴ・マサオ・アライ, 榎内小太郎, 桑原茜, 椿本尚史, 山本司, 連ホウメイケイ

HAL大阪

審査員・評価員コメント

反動をテーマに作られたアクションゲームです。最初は普段ゲームをやり慣れている人の方がより混乱するゲーム性だと感じました。方向キーを入力した方向の逆方向に高速で進んで行くので、咄嗟の判断ではかなり混乱しがちになり思うようにコントロールするにはそれなりの練習が必要になります。ステージ設計はシンプルな構造が多いですが、敵の配置を良く考えられているので上手くなってくると連続で敵を倒す事で発生するコンボにより、スピーディーにゲームを進める事ができるようになります。非常に爽快感があるゲームでした。

小村 一生


これまでのゲームと全く逆の操作方法は本来であればストレスになるのだが、本作ではそれが新しい独特の心地良さを生み出している。慣れるのも意外に早く、気が付けば快適なスピード感と小気味良いリズムに病みつきになり、次々とステージを攻略しようとしてしまうのはゲームバランスと調整を重ねたレベルデザインによる賜物と言えるだろう。

谷口 充大