Nominate

受賞作品

怪獣風呂

アニメーション

橋爪 伸弥(作者/代表者)

多摩美術大学

審査員・評価員コメント

緻密な描き込みがなす圧倒的画力で、全作品の中でも印象に残った。キャラクターや看板など、随所で作者のセンスの良さが伺え、その結果、独自の作家性を醸し出すアニメーションに作り上げられていた。「次に何が起こるんだろう?」と期待させるような雰囲気で、一度見たら忘れられないアニメーションだった。狙っているとはいえ、音楽をもう少し練れば、もっとパワーのあるアニメーションになった気がする。ちなみに冒頭のロゴは、ものすごくイカしてるなぁと感じた。

評価員・柳 太漢