Nominate

ノミネート作品

白の故郷

アニメーション

扇田 優紀(作者/代表者)

多摩美術大学

審査員・評価員コメント

細部まで精巧に作りこまれた造形はそれが人形であることを忘れるようなリアリティがありました。
音響効果もすばらしく、作品世界に登場するすべてが強い存在感を感じます。
作品ととおして「生」の「つながり」や「重み」を描いており、普遍的な童話や昔話のような畏敬の念を抱きました。

評価員・堀口 広太郎