Nominate

ノミネート作品

ワガママにワガミチ

映像

藤吉 香帆(作者/代表者)

デジタルハリウッド大学

審査員・評価員コメント

全体的にトンマナが統一されており、シーン展開のバランスも良いため見ていて気持ちよさを感じた。メッセージ性もありおもしろい。ただ全体を通してストーリー性が感じられず、表現のみになってしまっている印象がある。強いメッセージを乗せているし、表現にも凝っているので、是非それをどうやって伝えるかのストーリー(話としても、構成としても)を作り込めるとよかった。

評価員・熊崎 一生