Nominate

ノミネート作品

星屑のおとしもの

映像

先﨑 大朗(作者/代表者)

東北芸術工科大学

審査員・評価員コメント

この作品の良いところはキャラクターの表情が非常に豊かなところ。セリフや説明がなくても長編の映像の中で、表情だけで様々な状況や感情を伝えられている。そこを意識して制作したのかはわからなかったが、表情のクオリティというその一点がこの作品を非常に高いレベルに到達させている。それによってわかりやすさが増し、シンプルに楽しめる・没入できる作品となっている。

評価員・熊崎 一生