Nominate

ノミネート作品

Betweener

アニメーション

小林 颯 (作者/代表者)

慶應義塾大学

審査員・評価員コメント

グラフィックは非常にシンプルで、BGMも淡々と流れていますが、そのせいかより強い毒を感じる作品でした。生々しさが強く、見たあとも暫く頭に残ります。多少冗長なシーンもあり、さらにそぎ落とすことでより尖るのではないかという所も感じましたが、今後経験を重ねてよりシンプルで強い毒を持った作品が生まれるのを楽しみにしています。

評価員・井口 晃慶