CAMPUS GENIUS AWARD BRONZE

受賞作品

オートバイの物語

アニメーション

端木 俊箐(作者/代表者)

東京藝術大学大学院

審査員・評価員コメント

作者が体験した、一台のオートバイとの出会い、別れ、再会を、オートバイ側の視点から描いたアニメーション作品。オートバイによって語られる「あの家に帰りたい」「今を生きられないが、過去にも戻れない」など思いは、実は作者自身の思いであり、オートバイもこう思っていてくれたら良いな、という願いである。個人的な出来事を、素朴に、個人映画として形にすることの美しさを改めて感じさせられた。

評価員・大山 慶