Nominate

ノミネート作品

確かな気配

映像

浅尾 鷹哉(作者/代表者)

九州産業大学

審査員・評価員コメント

終盤の再撮影によるシーンが単なる視覚効果の実験に終わらず、感情表現として機能していたのが良い。被写体の男性がとても魅力的で、官能的ですらあり、被写体に語りかけるように入っている別撮りされた音声との相乗効果で、「愛情」がビシビシと伝わる。まっすぐで切実な映画だと感じた。

評価員・大山 慶