Nominate

受賞作品

根菜

パフォーマンス

金井啓太 / 総合造形パフォーマンス2016「ねぞうのへん」スタッフ(作者/代表者)

筑波大学

審査員・評価員コメント

ネタバレにならないよう、まずは作品を見ていただきたい。

今年はインターネット (SNS が私たちに及ぼす影響) をテーマとする作品が多かったが、そんな中、フィルターバブルをテーマにまさかこういった作品が出てくるとは夢にも思わかなかった。パーソナライズされたネット空間はユーザによる発見を限定して意外性を排除してしまう。そんな時代に作者は土の中から雄叫びとともに這い出し鑑賞者の目の前に飛び込受動的になりがちな私たちの日常をぐいぐいと矯正するような作品である。

評価員・萩原 俊矢